ヤマダホームズ、余剰電力の蓄電など強靱化

 ヤマダホームズは10月1日、「オフグリッドシステム蓄電池」を搭載するなど、電力を自給自足し、レジリエンス機能を強化した戸建住宅商品「NEXIS(ネクシス)」を沖縄県を除く全国で発売した。  一般的には住宅用の太陽光発電システムは、太陽光で発電した電力を家庭で使い、余剰電力は電力会社に売電するのに対し、「NEXIS」は、10キロワット時の「AIオフグリットシステム蓄電池」を搭載。売電しないので、出 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年10月14日