日本不動産鑑定士協会連合会吉村真行会長に聞く、「有事に役立つ専門家」へ、被災者支援全国態勢に

 災害被災者の生活再建の鍵を握る罹(り)災証明書。その発行に必要な住家被害認定調査員の養成にいち早く取り組んだのが東京都不動産鑑定士協会。会長として2016年熊本地震から支援活動の陣頭指揮を執ってきた。今年6月、日本不動産鑑定士協会連合会・会長に就任。吉村さんらの働きかけで活動は全国の鑑定士協会に広がり、各地に住家被害認定調査の専門家が育ち始めた。「有事に役立つ専門家」を掲げ、従前から務める災害対 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月30日