日本財託×MFSが提携、借入可能額証明書の発行

 投資用マンションの販売・賃貸管理を手掛ける日本財託(東京都新宿区、重吉勉社長)は9月26日、住宅ローンマッチングサービスのMFS(東京都千代田区)が提供する借入可能額証明書(バウチャー)の発行で提携した。 MFSの「モゲチェック不動産投資」を使うことで、日本財託のコンサルタントが初回の面談から資産状況や資金計画にあった最適な物件を提案する。  一般的に個人投資家は、不動産会社から面談や物件提案を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月30日