【連載】CFネッツ流新・大家実践塾□81□、「配偶者長期居住権の計算アプリ(1)」、建物の劣化を考慮に算出、居住権の残存期間で決まる

 配偶者の長期居住権について、法務省の資料にある計算方法(甲案)を基にしたアプリを展開している。配偶者の居住権と配偶者居住権のついた所有権を分け合う考え方で計算する。  以下、建物と土地に分けて説明する。  ・建物の評価方法と子の受け取る権利(所有権)  建物の評価は固定資産税評価額を使用する。もちろん、納税通知書に記載している評価額は現時点のもの。建物は日々劣化するので、時が経つにつれて評価額も ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月30日