東急リバブル、初弾、不動産小口化が完売、桜新町の店舗物件個人購入が9割以上

 東急リバブルは、不動産小口化商品「レガシア」シリーズの初弾が完売した。東急田園都市線沿線に昨年10月竣工した鉄骨3階建ての店舗「ルティア桜新町」を対象不動産に出資募集を6月から開始していた。9月23日に任意組合も組成。総口数186のうち9割以上を個人が購入し、主に相続対策を前提にした資産圧縮効果としての評価を得たほか、都内の収益不動産に一口500万円から出資可能で「出資しやすい」「資産分割が容易 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月30日