ビル空室率低下が更新、JLL調べ東京・大阪で1%切り

 不動産サービスのJLLは、日本のオフィス、店舗、物流、ホテル市場の空室・賃料・価格動向、需要・供給動向と向こう12カ月予測をまとめた。調査レポート「ジャパン プロパティ ダイジェスト2019年第2四半期」として発表した。  それによると、東京のAグレードオフィス市場の空室率は2007年以来12年ぶりに1%を下回り0・8%(前期比0・2ポイント低下)となり、1年前の同じ時期との比較では1・2ポイン ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月30日