シニア分譲マンション、まちづくりに導入、住み替えで持続性、多彩な機能で「にぎわい創出」

 少子高齢化・人口減少が到来し住宅購入のボリュームゾーンである30代の人口が減少する一方、シニアは増加を続ける。注文住宅を補完する新たな事業として、複合開発などまちづくりに取り組む住宅大手が増えている。その機能の一つにシニア向け分譲マンションがある。複合型まちづくり「ASMACI(アスマチ)」を積極展開するミサワホームは千葉県浦安市で、パナソニックホームズなどは大阪府吹田市で進めるパナソニック工場 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月30日