三菱地所、CLT活用、3つの新たな試み、ツーバイ工法材の使用など、千代田区岩本町の事務所建築で

 三菱地所は9月19日、CLT(直交集成板)を構造材として採用した8階建て事務所ビルの施工現場を公開した。「(仮称)千代田区岩本町三丁目計画」として、5月29日に着工し、来年3月末には竣工するプロジェクト。鉄骨造と木造(床CLT)の混合工法で、施工は久保工。CLTの利用量は合計約57立方メートル。  同社のCLT活用プロジェクトとしては、仙台市泉区の10階建て賃貸マンション、沖縄県宮古島市の下地島 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月23日