東京建物「聖蹟桜ヶ丘」、ZEH実証事業に、33階建て、全520戸

 東京建物は、東京都多摩市関戸1丁目で計画中の分譲マンション「(仮称)ブリリアタワー聖蹟桜ヶ丘ブルーミングレジデンス」(計画総戸数520戸、33階建て予定=イメージ図)が9月18日付で、経済産業省の「超高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)実証事業」に採択されたと発表した。経産省が今年度初めて公募した。首都圏初・唯一の事業となる。  同マンションは、外壁などの断熱制の向上や高断熱サッシの採用、高効率 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月23日