Hacobu、「物流クライシス」解決へプラットフォーム、多業種企業とデータ活用

 物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供するHacobu(ハコブ、東京都港区、佐々木太郎社長)は9月19日、多業種企業との取り組みを通じて、物流ビッグデータを蓄積・利活用することで、ドライバー不足などの物流課題を解決する構想「シェアリング・ロジスティクス・プラットフォーム」を発表した。  多業種企業は大和ハウス工業、アスクル、Sony Innovation Fund、日本郵政キャピタ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月23日