アキュラホーム、久喜に災害支援モデル、日産と提携リーフ装備電力・水を常備情報提供も

 アキュラホームは9月14日、埼玉県久喜市の総合展示場「モラージュ菖蒲ハウジングステージ」に、災害時に支援施設となるモデルハウスをオープンした=写真(下)。モデルハウスそのものを災害拠点とするケースは、国内で例がないという。  手漕ぎポンプによる井戸や日産の電気自動車「リーフ」、災害備蓄品倉庫をモデルハウスに装備することで、災害時にトイレ用の非常用水や携帯電話の充電などの電力、災害備蓄品などを被災 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月23日