三菱地所富士通、テータ活用でコンソーシアム

 三菱地所と富士通は9月12日、東京・丸の内エリアで、データ活用を通じて街や社会に新たな価値の提供や事業の創出を目指す「丸の内データコンソーシアム」を設立した。実証実験を踏まえたもので、活動期間は2020年3月31日まで。  両社は東京大学や企業8社の協力のもと、データを保有する企業や街づくりに取り組む組織などを対象に、参加企業の募集を開始する。  具体的なプロジェクトは、次のとおり。  【街にお ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日