【連載】住宅ジャーナリスト・桜井幸雄の現場レポート先端を読む□587□、かつての観光都市に危機感か、横浜市が統合型リゾート施設誘致、異国情緒は訪日客に響かず

 横浜市がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を正式表明し、反対派との対立が激しくなっている。  反対派が掲げるのは、ギャンブル依存症の人が増えるのではないか、という懸念。しかし、IR誘致派には、もっと大きな懸念があるようだ。  その懸念とは、「インバウンド効果」から取り残されるのではないか、というものである。  少子化による人口減少が進む日本にとって、外国人観光客と外国企業は必要欠くべか ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日