積水ハウス、福利厚生性別不問でパートナー登録、事実婚に適用拡大

 積水ハウスは、「事実婚・同性パートナー人事登録制度」を新設し、11月1日に運用を開始する。事実婚のパートナーも性別を問わず、結婚・忌引・法要祭祀・出産育児・介護といった休暇、家族手当や別居手当、慶弔見舞金などの取得やグループ保険の死亡保険金受取人への指定などが法律婚の配偶者と同様、可能になる。  同社は、さまざまな背景や個性を持った従業員がお互いの違いを認め合い、能力を最大限に発揮する組織を目指 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日