大和ハウス、IoT次世代基盤を実証、11月開始藤沢の戸建分譲モデルに搭載

 大和ハウス工業は9月11日、神奈川県藤沢市でNTTドコモと協業で研究開発を進めている次期コネクテッドホーム基盤の実証実験に着手した。生活支援ロボットの実用化に向け、神奈川県が公募した「最先端ロボットプロジェクト」の一環で、人と建物の健康をサポートするIoTスマートホームについて実証する。  IoT機器と住宅設備機器を一元管理できる基盤で、共通のコマンド「WebAPI」を採用することで、会社・機器 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日