住生活基本計画見直しスタート、マンション問題は小委員で

 次期・住生活基本計画の議論がスタートした。国土交通省は9月12日、同計画の見直しを5年ごとに行う社会資本整備審議会住宅宅地分科会(第47回)を再開。2021年3月の閣議決定を目指し、これからの日本の住宅のあり方について、各課題の横断的な議論が始まる。  前回の基本計画(16年3月閣議決定)で示した「居住者からの視点」「住宅ストックからの視点」「産業・地域からの視点」をもとに、それぞれの分野の課題 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日