リフォーム工事、非住宅は17%増、19年度第1四半期

 国土交通省がまとめた建築物リフォーム・リニューアル調査結果によると、2019年度第1四半期の受注高の合計は前年同期比13・1%増の3兆1537億円だった。住宅関係工事は同3・2%増の8272億円だったが、非住宅建築物が17・0%増の2兆3265億円と大きく伸びた。  住宅は増築が同8・9%増の215億円だった。一部改築が同44・9%増の261億円と高い伸び。改装・改修が同2・7%増の6188億円 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日