三井住友トラスト基礎研私募ファンド調査、市場規模拡大が加速、海外資金は再び増加基調

 三井住友トラスト基礎研究所がまとめた不動産私募ファンド実態調査によると、2019年6月末時点の不動産私募ファンド(私募リートを含む)の市場規模(運用資産額ベース)は19・2兆円(グローバルファンドの国内不動産運用資産額を含む)となり、半年前の前回調査時点から約1・5兆円(8・4%)増加した。緩やかに増加していた市場規模の拡大ペースが加速し、過去最大規模となった。  国内不動産を対象に不動産私募フ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日