【連載】CFネッツ流新・大家実践塾□79□、「相続対策の不動産投資の仕組み(10)」、圧縮効果は購入時が最大、評価額の算出で備え欠かせず

 このテーマでのコラムも10回目を迎えた。今回は、IRR(internal rate of return)とNPV(Net Present Value)の考え方を相続税対策に応用する方法を説明したい。  ローンを使って相続対策物件を購入した場合、相続税の圧縮効果は少しずつ減っていくことになる。ローンの元本返済分と、キャッシュフローの分だけ毎月資産が増えていくからである。不動産の相続税評価から、ロー ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日