地元のプロに聞く京町家の再生活用(上)、ホテルとの差別化につなげる、暮らしの風習も体験、奥田久雄社長

 ホテルの建設・オープンが続く中、古民家を再生した宿泊施設が誕生、京都でも“泊まれる京町家”が増え始めた。投資物件としても注目される一方で、年間800件のペースで減少している京町家。地元・京都で3年前に創業し、京町家を宿泊施設に再生、運営実績を重ねているレ・コネクション(京都市下京区)の奥田久雄社長に、その魅力や課題、可能性などを2回にわたり聞いた。 空き日は地域イベントに交流増やし“歓迎モード ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日