3カ月連続1%下回る、JLLビル市況東京Aグレード賃料は年5%超上昇

 不動産サービス大手のJLLは9月10日、8月末時点の東京Aグレードオフィスの空室率と賃料をまとめた。  それによると、空室率は0・7%と前月比横ばいで推移し、3カ月連続で1%を下回った。1年前の同じ時期との比較では1・2ポイント低下した。  既存ビルの空室が限定的となっていることから、将来の供給予定ビルが需要を吸収している状況が続いているがそのペースには減速の兆しがあるとする。  月額当たりの賃 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日