“来店いらず賃貸契約”、IT重説、法改正で一気に普及か、業界勢力図に影響の可能性

 IT技術が進展したことにより賃貸住宅ビジネスの仲介現場が大きく変わろうとしている。契約で書面による交付を義務付けられている重要事項説明書(重説)の電磁的方法による交付を認める社会実験が10月からスタートする。これまでの社会実験では重説の対面義務をテレビ会議などで可能としてきたが、これに加えて重説書類の電子交付が認められる。最終的には契約書そのものの電子化まで目指す実験だ。重要事項説明書(35条書 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月16日