トヨタホーム、営業に3D疑似体験、本社導入、順次販売店に

 トヨタホームは、VR技術で建物内部をウオークスルーで確認できる営業ツールを導入する。8月31日から本社ショールームに設置した。順次、販売店へ導入を進める方針だ。  同社では、営業効率の向上や差別化、ファン化を図り、商談プロセスでのプレゼンシート作成ツールに、平面図や立面図を立体的に表現できるパース作成機能を備えたオリジナルCAD「ARCH」を採用している。  今回は、同システムにVR技術を活用し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月9日