第7回アフリカ開発会議、住友林業の笹部茂副社長が講演、自社の泥炭湿地林の保全紹介

 住友林業は8月29日、第7回アフリカ開発会議の公式サイドイベントのひとつ・「森から世界を変える~より良いアフリカ森林ガバナンスのためのイノベーティブな技術・アプローチ~=写真」に参加、笹部茂副社長が基調講演を行った。  笹部副社長は、同社がインドネシアで取り組む泥炭湿地林の保全について、測量・調査を通じた泥炭地の管理や、オランウータンやテングザルなど現地の希少動物の保護につながる在来種の植樹とい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月9日