首都圏物流施設、需要強く、東京は賃料7千円超え

 一五不動産情報サービスのまとめによると東京圏の物流施設(延べ床面積または敷地面積1万平方メートル以上の賃貸物流施設)空室率(今年7月時点)は3・4%となり、3カ月前の前回調査に比べて0・6ポイント低下した。  今期(19年5月~7月)は12棟が竣工し、59・3万平方メートルと前四半期とおおむね同水準の新規供給があった。新規供給のうち6棟が満室稼働するなど新規需要は68・8万平方メートルと堅調だっ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月9日