リフォーム商品新規投入相次ぐ、省エネなど性能向上へ

 住宅大手各社は、近年、従来の既存顧客向けのメンテナンスにとどまらないリフォーム事業の強化を推進する。断熱など住宅性能の向上や、全館空調といった新築戸建てで採用率が高まっている商品の投入など、リフォームでの新商品が相次いでいる。消費者にとって安心感のある定額制のプランなども進めて、受注拡大に向けての取り組みが活発だ。 人気プランに“既存版”  積水ハウスは家族が多くの時間を過ごすリビングのプラン ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月9日