【防災特集】多発する大災害に備え急げ、「安全・安心」に、停電時の電力確保が鍵に、地域防災強化の役割担う

 近い将来に首都直下地震や南海トラフ地震などの発生が予想されている。都市の大地震に対する備えはまだ十分とはいえないが、自治体の要請もあり、新しい街づくりや建て替え事業は今や地域防災の強化をけん引している側面もある。近年は集中豪雨による洪水や土砂災害、台風・高潮被害が頻発していることに加え、北海道胆振東部地震(昨年9月)を機に「電力の確保」が大きなテーマに浮上した。大手デベロッパーが取り組む防災対応 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月2日