【防災特集】多発する大災害に備え急げ、ゲリラ豪雨、水害を念頭に、宅地建物取引事業者、問われる被害予測、情報収集と提供で信頼度向上

 近年、地球温暖化に伴いゲリラ豪雨による水害のニュースが絶えない。昨年7月は西日本を中心に中部地方、北海道と全国幅広い範囲が集中豪雨に見舞われ、床上・床下浸水はもとより、川の氾濫で家が流されてしまうなど住まいを奪われるケースが少なくない。不動産取引の契約時に浸水や地すべり、地盤の陥没といった可能性についての説明がなかったとの指摘がこれから増えるかもしれない。賃貸住宅ならば入居者は別の地域に移ること ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月2日