国産材で多目的に使える企画商品、部屋の中の「箱の間」、三菱地所・地所レジ9月販売開始

 三菱地所と三菱地所レジデンスは9月1日から、両社で企画した国産材を使用した“部屋の中の小屋”である商品「箱の間」=写真は活用例=を、リフォームの窓口となる三菱地所ホームを通じて販売を開始した。  「箱の間」は都市と農山村をつなげる取り組み「空と土地プロジェクト」から誕生した、建築と家具の間の商品。居室内などの空間に設置することで仕切ったり囲んだりと、間取りや空間に変化を持たせ、新しい居場所をつく ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月2日