三菱地所が本社ビルで警備ロボットを実導入

 三菱地所は8月29日、本社が入居する大手町パークビルディング(東京都千代田区)で警備ロボット「SQ-2」=写真=の運用を開始した。同社が出資した自律型ロボット開発のSEQSENSE(シークセンス)社と共同で検証を重ねてきたもので、実際の施設で導入するのは初めて。  導入によって従来警備員が行っていた立哨(りっしょう)・巡回業務の一部を警備ロボットに代替させることで、人とロボットの警備業務の分業を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月2日