「渋谷二丁目17地区」が始動、東急電鉄が協力の再開発「ヒカリエ」の南東側

 東京急行電鉄が事業協力者として推進していた渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業が本格始動する。8月28日に東京都から再開発組合設立認可を受けた。  渋谷ヒカリエの南東側、青山通りに面した約0・5ヘクタールを施行区域に、低層部を店舗などにした地上23階地下2階建て延べ約4万4560平方メートルのオフィス複合ビルを開発する。  坂道の中腹にあり、にぎわいが不足していたことから、渋谷ヒカリエ、青山 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月2日