国交省概算要求、空き家対策、既存流通を大幅増、都市競争力、PFIも拡充

 国土交通省が8月28日にまとめた2020年度予算の概算要求は一般会計総額7兆101億円と、2019年度当初比1・18倍となった。  都市基盤整備や民間都市開発事業の推進、シティープロモーションなど都市の国際競争力強化に145億円(19年度当初比1・42倍)、空き家や空き地等の有効活用の推進81億円(2・03倍の)を要求。PPP/PFIの推進は558億円(同1・76倍)、プロモーション強化、誘客拡 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月2日