大東建託、民泊活用型の賃貸30棟、大阪市特区限定で投入

 大東建託は、大阪市の特区民泊エリアに限定して「民泊活用型一括借上システム」の提供を開始した。  同社が設計・施工した賃貸住宅を活用するもので、当初は民泊事業を行い、その後に賃貸事業にできる。賃貸事業中は大東建託グループが建物を一括で借り上げる。  民泊事業期間の建物賃貸借契約は10年間に設定し、10年目以降は協議の上、民泊事業の継続を可能とする。対象エリアは、JR大阪環状線内の駅から徒歩約10分 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月2日