住宅大手、卒FIT電力を買取り、再生エネ「固定価格買取制度」、10年経過で11月から順次満了、自社使用で事業グリーン化、蓄電池導入で単価上乗せ

 2009年に始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の適用期間が終了する住宅が、今年11月から出始める。  大手住宅メーカーのうち、積水ハウス、大和ハウス工業、積水化学工業住宅カンパニー、旭化成ホームズの4社は、11月から戸建住宅オーナーへの太陽光発電システム(PV)の余剰電力買い取りサービスを開始する。いずれも、買い取った電気は自社やグループ事業所、工場などで活用する方針だ。   ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年9月2日