「晴海フラッグ」1期600戸、8月4日まで、価格は5400万~2・3億円

 2020年東京五輪・パラリンピックの選手村として仮使用される東京都中央区晴海の大型マンション「HARUMI FLAG(晴海フラッグ)」。分譲住宅と賃貸住宅、商業施設など全体で24棟、計5632戸、約1万2000人が暮らす街になる。その分譲住宅街区(4145戸)の第1期販売600戸の登録が7月26日から始まり、8月4日まで受け付ける。  三井不動産レジデンシャルなど売り主10社によると、第1期分は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年7月29日