【連載】住宅時評トレンドを斬るハウジングライター藤原利彦□1027□、春の新商品“防災”で競う、新たな視点で開発競争、進化するレジリエンス機能

 2019春の住宅新商品は“防災”をキーワードにレジリエンス機能を強化して競った。  まず、旭化成ホームズが3月1日に賃貸住宅の「防災パッケージ」を提案。大和ハウスが同8日「災害に備える家」を発表、続いてミサワホームが4月8日、レジリエンス強化に向け最上位ブランドの「センチュリー」に防災デザインモデルをラインアップ、パナソニック ホームズが11日「防災持続力を備える家」、18日トヨタホームが「災害 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年7月29日