粉飾決算問題で第三者委が報告、すてきナイス

 すてきナイスグループは7月24日、粉飾決算問題で第三者委員会から「会計上、認められない処理があった」との報告書を受け取ったと発表した。不正な売上計上が約30億円あったという。  報告書は、2015年に不動産などを会計上の子会社に売却して、15年3月期決算に計上処理した。平田恒一郎元会長らの関与も認定した。  横浜地検と証券取引等監視委員会は5月、同社など関係先を捜索。同社が第三者委員会を設置して ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年7月29日