資格者1200人に、行政マンも目立つ、全国空き家相談士協会

 全国空き家相談士協会(林直清会長)は7月25日、東京・杉並区の大幸ホールで第5回定時社員総会を開き、平成30年度事業報告・決算と、「空き家相談士」の認知度アップを最優先にした活動を行う令和元年度事業計画と予算を原案通り承認した。  冒頭のあいさつで林会長はまず「協会は4年前、9人の発起人でスタートしたが、現在会員は90社近くまで増えた。空き家相談士認定講座はほぼ毎月1回のペースで開催し、この7月 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年7月29日