地方の「築古空き家」に“追い風”、公的制度で活用も

 少子高齢化に伴い、新築住宅の着工数が減少する一方、増加の一途をたどるといわれている空き家。既に居住者の居ない地方の実家に手を焼いている現役世代も増えている。一方で、海外からの訪日観光客の数は、都市部以上に、地方で伸びを見せており、また、各地で古民家を再生した宿泊施設の開業が相次いでいる。補助金制度も充実しつつあり、空き家を事業に活用するには、“追い風”が吹いているといえそうだ。 インバウンド対 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年7月29日