積水ハウス、10年点検に先進機器、ロボットやドローン活用クラウドで遠隔診断

 積水ハウスは8月1日から、戸建住宅の10年ごとの定期点検に、自動操縦ドローンと床下点検ロボット、小屋裏点検ロボットカメラを使用。撮影した高精細の画像データなどの情報をクラウド経由で共有化し、遠隔で診断する点検システム「スマートインスペクション」を採用、全国29カ所のカスタマーズセンターで順次導入する。複数の先進機器を組み合わせて、遠隔で診断する点検システムは住宅業界で初めて。アフターサービスの拡 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年7月22日