東日本レインズ4~6月期動向、マンション成約過去最高、戸建ても4四半期連続で増やす

 東日本不動産流通機構(東日本レインズ、山代裕彦理事長)は、中古マンションと中古戸建ての4~6月期の不動産流通市場の動向を発表した。首都圏の中古マンションの成約件数は9679件と前年比で3・6%増加し、3期連続で前年同期を上回り、4~6月期の件数としては1990年5月の機構発足以降、過去最高となった。  1平方メートル当たりの成約単価は前年比1・9%上昇し、13年1~3月期から26期連続で前年同期 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年7月22日