【連載】誰でもできる権利調整コンサル実践編第6回、公認不動産コンサルティングマスター上級相続アドバイザー堀田直宏、欠かせない3つの技術(1)デッサン力、観察3、「よく聴き」「察し」「ほどよい間の手」

 今回は、『コミュニケーション能力』について。  コニュニケーションとは、社会生活を営む人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達―だ。発信者がいて、その人から発信される情報を受信する人が存在しなければ伝達とはいえない。  権利調整の観察時には、より多くの情報を正確に集める必要があるが、そもそも、権利調整の相手方である受信者は、あまり自発的に情報発信しない。発信する気持ちがない状態の人に発信してもら ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年7月15日