新築狭小戸建て、近畿は京都除き強含み、東京カンテイ6月価格動向首都圏は一転下落

 東京カンテイは7月11日、主要都市圏・都市別に狭小木造戸建住宅の価格動向を発表した。敷地面積50~100平方メートル未満で最寄り駅から徒歩30分以内、もしくはバス20分以内を調べたところ、首都圏の6月は平均4546万円と前月に比べて1・3%下落し、都県別では東京都が4985万円(同2・6%下落)となり、千葉県で4・8%と大きく下げて3833万円だった。  一方で、神奈川県は4022万円(同2・1 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年7月15日