【連載】CFネッツ流新・大家実践塾□71□、「相続対策の不動産投資の仕組み(2)」、貸家の建物評価は一律3割減、貸地減額は借地権割合で決まる

 建物を賃貸すると、賃借人に借家権という権利が生じる。この権利はなかなか強力で一度賃貸してしまうとオーナー側の都合で退去してもらうことは難しい。相続税の評価基準にもこれが反映され、建物を賃貸すると、その建物の相続税評価は30%減額となる。例えば相続税評価額1000万円のアパートを全室賃貸した場合は700万円の相続税評価になる。 【貸家建付地による土地の評価減について】 1、貸地について  貸家建 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年7月8日