高崎駅東口再開発に参画、野村不など3社企業体

 野村不動産、佐藤総合計画(東京都墨田区)、都市設計連合(神戸市中央区)の3社で構成する共同企業体は5月20日、群馬県高崎市の高崎駅東口栄町地区市街地再開発準備組合(富岡賢治理事長)と一般業務代行基本契約書を締結。再開発事業の事業化を目指して参画することが決まった。  計画地は、北陸・上越新幹線など11路線が利用できるJR高崎駅東口から徒歩5分のところで、施行区域面積は約1・6ヘクタール。高崎市の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月27日