北海道に最大の風力発電所、東急不・日本風力開発松前町で運転開始

 東急不動産と日本風力開発(東京都港区)は4月、北海道松前郡松前町で北海道初の蓄電池併設型風力発電所「リエネ松前風力発電所」の運転を開始した。北海道電力の「風力発電設備の出力変動緩和対策に関する技術要件」を満たす風力発電所として初めて運転を開始。蓄電池システムを利用することで、風による発電の出力変動を吸収し、安定した電力供給を可能とした。  同発電所はシーメンス・ガメサ・リニューアブルエナジー社製 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月27日