大手町に自動運搬ロボット、米マーブル社製の小包集配用、三菱地所次世代エリア物流で実証実験

 三菱地所は東京・大手町のオフィス街で、次世代のエリア物流を実現する米国Marble(マーブル)社の自動運搬ロボットの実証実験を開始した。  このロボットは、サンフランシスコで公道走行を含めて導入実験を重ねてきた「屋外屋内をシームレスに走れる、最も進んだロボット」(DX推進部統括・渋谷一太郎氏)。次世代のエリア物流の在り方や三菱地所グループが全国で所有・運営管理する施設での活用策を探るのが目的。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月27日