埼玉・第一住宅“猫目線”の分譲戸建、見学会2日間で40組来場

 埼玉県南部・東京都北部を中心に延べ4000棟の戸建て供給実績を持つ第一住宅(埼玉県蕨市、鈴木智恵社長)は、埼玉県川口市で“猫共生型”の分譲戸建住宅「ichineko」(木造3階建て)初弾を発売、5月11・12日に実施した見学会には40組が来場した。  キャットシッターの資格を持つ鈴木社長に、ペット共生マンションの適正化推進ガイドラインやねこ検定を監修した一級建築士・清水満氏が協力。強化網戸や床暖 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月27日