不動産証券化協、新会長に杉山氏(三菱地所会長)、資産規模拡大は多様化が鍵、重点取組み3本柱SDGsなど

 不動産証券化協会(ARES)は5月22日、理事会を開催して三菱地所取締役会長の杉山博孝氏=写真=を新会長に決めた。前会長の岩沙弘道氏(三井不動産会長)は相談役に退いた。  新会長就任に当たり杉山会長は、「世の中が変わるときこそ新たなビジネスチャンスだ」と述べるとともに、今後の重点取り組みとして、(1)SDGs(2)技術革新への対応(3)コンプライアンス--の3点を掲げた。  投資家と積極的にコミ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月27日