賃貸マンションを宿泊施設に、老朽物件でも予約続々、運営体制の構築がカギ、賃貸マンションオーナー3人の模索、消防設備などは既存設備活用、備品類はマンスリーから

 一時期は話題になったが、不動産投資としては見切りを付けた人も多いとされる民泊。昨年6月施行の民泊新法(住宅宿泊事業法)登録住宅数は伸び悩みと報道されるが、一方で訪日観光客数は着実に増加を続けている。空き家を活用するにしても、新法民泊だけでなく、特区民泊や旅館業法といった別の制度を活用することもできる。最近増えつつあるという賃貸マンションを一棟丸ごと宿泊施設にしたオーナー3人から話を聞いた。 空 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月27日